クリアネオパールが誇る洗浄成分|シルクのような泡の正体とは?

クリアネオパールを使用したいと考える人の多くは「クリアネオクリームのように強い体臭に働きかけるような洗浄成分」を期待している人が多いのではないかと思います。

 

私自身もクリアネオクリームを体験してから「何やらクリアネオからシリーズ商品として、女性向けのボディソープが出たらしいよ」ということで、自分のワキガ臭を抑えるのに使用できるんじゃないかと期待して始めました。

 

実際に使用して1年以上になるので、今回は理論的に「クリアネオパールが誇る洗浄成分|シルクのような泡の正体とは?」というタイトルで、クリアネオパールの秘密を解き明かしていきたいと思います。

クリアネオパールが誇る5つの洗浄成分

  • カリ石鹸素地
  • ラウラミドプロピアルアミンオキシド
  • コカミドDEA
  • ラウロイルアスパラギン酸Na
  • ジステアリン酸PEG-150

クリアネオパールに含まれている成分で、主に洗浄作用を持っているのは上記の5つの成分だそうです。

始めに断っておきますが、私は専門家ではありません(化学の成績も赤点でした)ので以下に書いていくことは誰かの受け売りだったり、自分で調べた内容を咀嚼して書いていくことになります。

なるべく誰にでも分かるような雰囲気で進めていきますが、私の解釈が間違っている可能性もありますので、その辺についてはあらかじめご了承ください。

 

カリ石鹸素地

シャボン玉石けんや無添加石けんシャンプーなどに使用されていることが多い成分です。

なんとか酸ナトリウム等の横文字がたっぷりあると「???」となってしまうような私が見ても、何となく身体や自然に優しそうな感じが伝わってきます。

世の中にある洗浄成分を持ったものは大きく2つに分けられ、それが「石けんor合成洗剤」ですから、どちらが肌に対して優しいかは一目瞭然ですね。

 

ラウラミドプロピアルアミンオキシド

ここからは見慣れない用語が続きます。何度も申し上げますように、私は専門家でもなければ化学の成績も下の下でしたので、私なりに簡単に解釈してお伝えしますね。

 

ラウラミドプロピアルアミンオキシドとは、泡立たせることに対して非常に優秀な成分で、それによって高い洗浄効果も実現していることから、多くのシャンプーやボディソープに使用されている成分だそうです。

皮膚に対する刺激はもちろん、万が一目に入ったりしても被害が少なくて済むことから、赤ちゃん向けの洗浄剤にも使用されています。

 

コカミドDEA

こちらは打って変わって、洗浄力もなければ泡立ちも良くない成分とのこと。

「なぜ、そんな成分が使われてるの?」と思って調べていたら、どうやら他の成分と交わることによって相乗効果をもたらすんだそうです。

界面活性剤というだけで、他の似たような成分と比べると低刺激であるにも関わらず、発がん性などが取りざたされている一面もあります。

 

それは「有り得ない量を投下した動物実験で認められた事例」とのことですが、専門家の間でも意見が分かれているとのことでした。

ちなみにコカミドを使用している製品は割と多く溢れているので、これを気にし始めるとマーガリンやウインナーなども食べられず、タバコの副流煙なんてもってのほかというレベルの話になるように思います。

 

ラウロイルアスパラギン酸Na

アスパラギン酸と聞くと、何やら元気が出てきそうなジュース(エナジードリンク?)に使用されていそうな気配を感じます。

それもそのはず、この成分の正体は「アミノ酸系界面活性剤」だそうです。

 

そこそこの洗浄力と高い起泡性を両立していて、必要以上に皮脂を落とさない成分としてシャンプーなどに広く用いられているようです。

洗浄剤なんかだと適度に油分や皮脂を残しておく方が良いって聞きますからね。そういう意味でも重宝する成分と言っていいかもしれません。

 

ジステアリン酸PEG-150

安定性を向上させたり、乳化剤としての役割を持っている成分です。

主に粘度の調整目的で用いられることが多いようですが、皮膚への刺激は極めて低く、医薬品などにも多用されている成分とのこと。

 

-150という数字は分子量を表していて、この数が小さくなればなるほど刺激が強くなるそうです。

1桁になるとすごく刺激が強いという表現をするようですので、150なら安心といっても良いレベルなのではないでしょうか。

 

最後に

今回は慣れないことを頑張ってみました。

実際に使用されている成分を見てみると「どのような目的でこの成分が使われているのか」などが分かってきますし、割と多くの商品で使われているということを知るだけでも安心できるのではないかと思います。

 

クリアネオパールの洗浄成分は非常に低刺激で、高品質な泡が作れることが理論的にも証明できたと言ってもいいのではないでしょうか。

黒ずみ対策として有効なのも納得です。
 
公式サイトで見る
 
TOPページクリアネオパールの全口コミを大暴露!!|クリアネオのボディソープ

コメント