クリアネオパールに含まれる「女性が好む保湿アプローチ成分」とは?

クリアネオパールには、女性にとって嬉しい保湿アプローチ成分が多数含まれています。

実際に使ってみるとすぐに実感できると思いますが、クリアネオパールはふわふわの高品質な泡が特徴的で、お肌を擦らずに汚れを取り除くことができるボディソープです。

 

そして洗浄力が高いボディソープの多くは「必要以上に皮脂を取り除いてしまい、身体を洗った後のお肌がカサカサしてしまう」ということも珍しくないのですが、クリアネオパールには保湿成分がたっぷり含まれているので心配ないということなんですね。

では、クリアネオパールのあれほどまでにみずみずしいお肌を保てる秘訣って、いったい何なのでしょうか?

そこで今回は、クリアネオパールに含まれる「女性が好む保湿アプローチ成分」について簡単にご紹介したいと思います。

女性が好む保湿アプローチ成分8種

  • ヒアルロン酸Na
  • 水溶性コラーゲン
  • プラセンタエキス
  • セラミドNP
  • セラミドNG
  • セラミドEOP
  • セラミドAP
  • セラミド5

 

ヒアルロン酸Na

プチ整形などでも一気に注目を浴びたヒアルロン酸は、保水成分の代表格と言ってもいい存在です。

おそらく美容にあまり興味が無いという人でもご存知なのではないでしょうか。

1gあたりに6リットルもの保水力があると言われており、大部分が水で構成されているヒトとの相性は抜群と言ってもいいでしょう。

しっとりなめらかなお肌を作るのに、非常に重要な意味を持っている成分です。

 

水溶性コラーゲン

「肌に良さそうな成分と言えば?」と聞かれたら、多くの方が前項でご紹介した「ヒアルロン酸」か「コラーゲン」とお答えになるのでは?

本来コラーゲンは水に溶けにくいという性質を持っています。しかし、ある製法によって水に溶かしたコラーゲンのことを水溶性コラーゲンと言い、化粧品などに使用できる成分となりました。

コラーゲンは構造が崩れたりするとゼラチンになってしまうなどのデリケートな成分のようですが、水溶性コラーゲンではその構造を壊すことなく、水溶液にすることに成功しているようです。

そして保湿性・保水性に優れているということは言うまでもありませんね。

 

プラセンタエキス

こちらも一時期話題になりました(今もかな?)。

胎児がお母さんのお腹にいる時に、お母さんから栄養を受け取る胎盤をプラセンタと言います。「生命の源」というようなニュアンスの言葉でアピールされていることが多いです。

「実際にその胎盤を作ってるの?」と思ってしまいますが、多くは動物の胎盤から必要成分のみを抽出するという方法で取り入れられているみたいですね。

本当に個人的な意見としては「それって本当に意味あるの?」と思ってしまう部分が多いのですが、一応「お肌の透明感やハリを向上させてくれる美肌成分」として注目されています。

 

セラミドNP、NG、EOP、AP、5

セラミドとは、お肌や髪の潤いを保つために必要な成分です。

加齢や気候の変化などによってお肌のセラミドの量が減ってしまうと、いわゆる乾燥肌・カサカサ肌という状況になってしまうとのこと。

肌に存在するセラミドには11種類もあると言われており、クリアネオパールにはそのうちの5つが含まれているようですね。

 

その他の保湿成分6種

  • プロパンジオール
  • グリセリン
  • グルタチオン
  • ポリクオタニウム-51
  • カプリリルグリコール
  • 1,2-ヘキサンジオール

 

プロパンジオール

保湿性と抗菌性を持つ、植物由来のグリコールです。

後述しているグリセリンと併用することで、保湿性に相乗効果が生まれると言われています。

 

グリセリン

保水成分の1つで、エイジングケア商品や保湿化粧水などに多用されている成分です。

保水力自体は他の保水成分(セラミドやヒアルロン酸など)に劣ると言われていますが、刺激性が極めて低いため、使用者を選ばないという性質を持っています。

 

グルタチオン

アミノ酸が特定の結合をしているものです。私たちの体内でも合成されています。

肝機能の向上、生活習慣病の予防などの嬉しい効果が期待できますが、化粧品に使用している場合については抗酸化作用に期待できるようです。

シミや黒ずみの原因にも繋がるメラニンの生成を抑制すると言われているので、デリケートゾーンの黒ずみなどに悩んでいる人にとっては最適な美容成分かもしれません。

 

ポリクオタニウム-51

ポリクオタニウムには1~112まで存在しており、その中でも1番有名で多く用いられているのが、このポリクオタニウム-51だそうです。

効果としては保湿、肌荒れ改善、皮膚保護、刺激緩和などが期待できると言われています。

どうやら人工心臓やオーラルケアにも使用されている成分ということなので、その安全性の高さが伺えますね。

 

カプリリルグリコール

保湿成分でありながらも防腐性の高い成分です。

最近は食費や化粧品などを中心に防腐剤を使用したものでありふれていますが、敏感肌の人にとっては化粧品に含まれている防腐剤の影響を強く受けてしまうという人も多いのではないでしょうか。

最近の防腐剤フリーのアイテムには割と高確率でカプリリルグリコールが使用されており、低刺激ながらも防腐性の高さを実現しています。

 

1,2-ヘキサンジオール

こちらも高い抗菌力を持った成分で、防腐剤フリーやノンバラベンの化粧品に広く用いられている成分です。

皮膚に対する刺激、毒性も極めて低いと言われています。

防腐剤を使用していないにも関わらず、製品としての品質を保てるのはこの成分のおかげと言っても過言ではありません。

 

最後に

今回はクリアネオパールに含まれる「女性が好む保湿アプローチ成分」にスポットを当ててみました。

クリアネオパールはスキンケアアドバイザーによって成分などを徹底的に吟味されて作られたようですが、それも納得の保湿アプローチ成分が数々含まれていましたね。

一通り簡単に調べるだけでも骨が折れたので、これは間違いなく科学的な根拠に裏付けされていると言っていいでしょう。

とりあえずクリアネオパールの泡は本当にすごいので、一度使えば分かると思いますよ。保湿されたしっとりお肌を手に入れたいという方は、ぜひ使用してみてください。

 
公式サイトで見る
 
TOPページクリアネオパールの全口コミを大暴露!!|クリアネオのボディソープ

コメント