クリアネオパールの美肌サポート成分|女性らしい美肌の秘訣に迫る

クリアネオパールには、いくつもの嬉しい成分が含まれています。

今回注目してみたのは「美肌サポート成分」です。

今回のこの記事で「クリアネオパールがなぜデリケートゾーンの黒ずみに対しても有効なのか」という謎が、成分的に明らかになるのではないかと思います。

「クリアネオパールの成分って安全なの?」という疑問をお持ちの方も、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

クリアネオパールが誇る美肌成分(植物性成分)

チャ葉エキス(白茶)

一般的にチャ葉エキスと言われると後述しているものが有名ですが、こちらはホワイトティーと呼ばれる少し高級なチャ葉から抽出されるエキスなんだそうです。

名前からも想像がつくように、美白効果に期待できると言われています。

 

チャ葉エキス

「消炎作用/抗酸化作用/抗菌作用/収れん作用」など美容に嬉しい効果が多々期待できるため、数多くのアンチエイジングケア商品や化粧品などに用いられています。

みずみずしいお肌を形成するのみならず、収れん作用によってピシッと引き締めてくれるというのは、多くの女性にとって嬉しい効果と言えるでしょう。

 

マグワ根皮エキス

桑の根の皮を乾燥させ、そこから抽出されたエキスです。

お肌の透明感を保つのに最適とされており、紫外線からお肌を守ったり、日焼けしたお肌の保護にもピッタリな成分とされています。

 

ビルベリー葉エキス

ビルベリーと言えば主にアイケアサプリなんかで取り沙汰されている果実ですが、見た目的にも分かるように、紫外線に対する高い防御力を兼ね備えています。

ここから得られる恩恵として「シミ/たるみ/黒ずみ/毛穴の開きなどの肌トラブル」に対して強い効果を持つグルタチオンの働きを助ける役割も持っているそうです。

ちなみにグルタチオンは私たちの体内で生成される成分でもあり、クリアネオパールにも含まれている成分となっています。

 

ダイズ種子エキス

ダイズと言えばイソフラボンが話題になることが多いですが、ホルモンバランスの改善などに期待できるので、多くの女性にとって心強い味方になってくれる成分です。

体内からホルモンバランスを改善することが肌荒れの改善に繋がったり、ターンオーバーの乱れを正常にしてくれたりするようですが、外部からも嬉しい効果はしっかりと得られるようですね。

ちなみに化粧品などに用いられる場合は、皮膚中のコラーゲンを活性化させ、皮膚の老化を防止してくれると言われています。

 

シャクヤク根エキス

日本のことわざにもあるように、シャクヤクは可憐で聡明なイメージのある花です。

そのシャクヤクの根から抽出されるエキスには、黒化メラニンを抑制することで黒ずみなどの防止効果が期待きます。

また、抗シワ作用に注目した美容製品も数多く登場していることから、美容成分としては申し分のない要素と言っても過言ではないでしょう。

 

クリアネオパールが誇るビタミンC3種

リン酸アスコルビルMg

ビタミンCは単体だと壊れやすい&肌に浸透しにくいため、ビタミンCに対してリン酸とマグネシウムを結合させて、安定性を高めたものがリン酸アスコルビルMgです。

このように結合されてビタミンC誘導体となることで、長時間に渡って皮膚に留まることが可能となっています。

本来のビタミンCであれば壊れやすく浸透しにくいものの、リン酸アスコルビルMgならただのビタミンCよりも8倍皮膚に取り込まれるようになり、皮膚に留まることができる時間も12時間以上になるようです。

 

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

こちらは油溶性ビタミンC誘導体の代表格です。

水筒性のビタミンCは速効性は高いものの、持続力に乏しく、お肌などに使用するには刺激も強いと言われています。

その弱点を補うために生まれたのが油溶性ビタミンC誘導体で、その中でも最も実績を残しているのがテトラヘキシルデカン酸だそうですだそうです。

 

バルミチン酸アスコルビル

こちらもビタミンCはそのままでは使い勝手が悪いため、バルチミン酸と結合させることで吸収性や持続性を持たせたものです。

ビタミンCをそのまま塗った時のベタ付きなどが解消されていて、ツッパリ感もなく、刺激も少ないのが特徴となっています。

 

クリアネオパールが誇る美肌サポート成分2種

アスタキサンチン

ビタミンEの1000倍の抗酸化力を持つと言われている美肌サポート成分です。

クリアネオパールはピンクというかオレンジのような色をしていますが、ここに着色料は一切使用されておらず、このアスタキサンチンの色が現れているとのこと。

エビやカニなどの甲殻に含まれている赤い色素で、美容面のみならず医学の分野からも大きな注目を浴びている成分だそうです。

 

アルブチン

メラニンの生成を抑制する美白有効成分です。

しみ・そばかす対策を掲げている化粧品の多くで使用されており、色素沈着に対する対策法として優秀な成分と言われています。

クリアネオパールにおいても、デリケートゾーンの黒ずみなどに悩んでいるという方におすすめしたいと言える自信は、このような成分が多数含まれているからと言えそうですね。

 

最後に

今回はクリアネオパールに含まれる美肌サポート成分に注目してみました。

特に副作用などが気になる成分はありませんし、美肌を目指すうえで必要不可欠な成分が多数含まれていると言っても過言ではないでしょう。

体臭などに悩んでいる人はゴシゴシやってしまいがちですが、その刺激によって黒ずみなどを誘発してしまっては元も子もありません。

ぜひクリアネオパールの高品質な泡で、優しく洗いながら保湿性を保ってみてはいかがでしょうか?

 
公式サイトで見る
 
TOPページクリアネオパールの全口コミを大暴露!!|クリアネオのボディソープ

コメント